間違いだらけの金融知識 ~経済的自立応援ブログ~

幸せになる資産運用入門。 激動の世界を生き抜こう!
間違いだらけの金融知識 ~経済的自立応援ブログ~ TOP  >  スポンサー広告 >  割高金融商品 >  高金利外国債券【割高金融商品】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

高金利外国債券【割高金融商品】

世の中には様々な金融商品が氾濫しています。そして、金融機関はあの手この手をつかって、買ってもらおうとしています。しかし残念なことに、その中には首をかしげたくなるような商品がたくさんあるのが実情です。

今回ご紹介する割高商品は、新興国の外国債券です。近年、よく販売されているのは、南アフリカ・ランド債、トルコ・リラ債やブラジル・レアル債券です。基本的に、金利が高い国の債券で、利付債が一番割高です。また、いわゆるクーポンが低く、割引価格で発行されたディープ・ディスカウント債であっても、割高感は否めません。

割高の理由は(1)為替スプレッド、(2)税金、および(3)将来の為替レートです。

□(1)為替のスプレッドが高い
一番の割高の要因は、為替のスプレッドです。米ドルMMFであれば証券会社のスプレッドは、往復1円(ドルが80円なら往復1.25%)程度です。これに対し、例えばある証券会社のブラジル・レアルのスプレッドは往復4円です。レアルが48円とすれば、往復8.3%にもなります。

□(2)利子所得の税金
2番目の割高要因は、利子所得に対する税金です。外国税額とあわせて20%を限度に源泉徴収されます。この利子に対する税金が、以下の将来の為替レートと密着に関係してきます。

□ 具体例
例えば、クーポンが0.5%のブラジル・レアル債(7年満期)を考えてみます。ディープ・ディスカウント債なので、額面100に対し、55.74%で発行されるとします。1レアルが47円64銭とすると、購入する場合のレートは、1レアル49円64銭ということになります。

額面1万レアルを買うとすると、5574レアルを49円64銭で買いますので、276,693円が必要です。これが初期投資金額です。年1回利払いとすると、1万レアルの0.5%の50レアルが利子ですが、税金として20%が源泉徴収されますので40レアルが手取りということになります。

ここで円の1年金利を0%、レアルの1年金利を12.24%と仮定します。すると現在47円64銭の1年後のレアル円の理論価格は42円44銭ということになります。同じように計算していくと、7年後のレアル円は、21円23銭ということになります。

  1年後 47.64÷1.1224=42.44
  7年後 47.64÷1.1224÷1.1224÷1.1224÷1.1224÷1.1224÷1.1224÷1.1224=21.33

詳しくは高金利通貨と低金利通貨(1)(2)【為替・FX】をご参照ください。
lowcostinv.blog109.fc2.com/blog-entry-58.html
lowcostinv.blog109.fc2.com/blog-entry-59.html

1年後から7年後に毎年段々と安くなっていくレアルの理論価格で、源泉徴収後の利息と最終元本を、それぞれの年に円に換金した場合を以下に計算しましてみました。276,693円の投資の満期時までの理論的な期待値の合計は、200,361円です。

当初10000レアル55.74%5,574レアル
TTM
47.64 + 2 =49.64x 5574 =276,693
1年目40レアル42.44 - 2 =40.44x 40 =1,617
2年目40レアル37.82 - 2 =35.82x 40 =1,432
3年目40レアル33.69 - 2 =31.69x 40 =1,267
4年目40レアル30.02 - 2 =28.02x 40 =1,120
5年目40レアル26.74 - 2 =24.74x 40 =989
6年目40レアル23.83 - 2 =21.83x 40 =873
7年目10040レアル21.23 - 2 =19.23x 10040 =193,063
合計200,361



□ まとめ
外貨のスプレッドが大きい点と税金が影響して、将来の円ベースの期待値はとても低くなります。ほとんどの場合、円での元本を割れてしまいます。したがって、実際の投資の場合には、かなりの円安にならないと、円ベースでの収益には貢献しません。

このような投資をしていては、いつまでたってもラットレースから抜け出ることは難しいでしょう。ファイナンシャル・リテラシー(金融知力)を磨いて、賢く投資をしていきましょう。

注)以上は私見であり、また、ファイナンシャル・リテラシー(金融知力)の向上のみを目的としたものです。したがって、投資勧誘の目的で作成されたものではありません。実際の投資の最終判断は、自己責任でお願い申し上げます。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト
[ 2010/11/01 00:01 ] 割高金融商品 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
3247位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
1047位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
経済指標発表スケジュール
世界の動き
FX経済指標
FX初心者向けの比較サイト
AdSense2


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。