間違いだらけの金融知識 ~経済的自立応援ブログ~

幸せになる資産運用入門。 激動の世界を生き抜こう!
間違いだらけの金融知識 ~経済的自立応援ブログ~ TOP  >  スポンサー広告 >  為替・FX >  購買力平価アップデート 2011年9月 【為替・FX】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

購買力平価アップデート 2011年9月 【為替・FX】

以前、購買力平価の話をしました。今回はそのアップデートです。

□ 購買力平価とは
例えば、マクドナルドのビック・マックは世界中で売られています。東京では日本円、ニューヨークでは米ドル、上海では元での価格です。ところで、ビック・マックはどこで買ってもビック・マックですので、本来の値段は1つであるはずです。

このように、同じ商品の価格は1つに決まるという考え方は“一物一価の法則”とよばれています。もしも、この世の中に”ドラえもんのどこでもドア”があれば、昼のマックは、世界中の一番安いところで買えばよくなりますので、結局は同じ値段に収束していきます。

このように、もしも一物一価が成り立つ場合、2つの国の間の為替相場は2つの国の間の同じ商品を同じ価格にするように収束していきます。このように収束、均衡した為替相場のことを、購買力平価といいます。

ここで大切なのは、2国間の物価の差です。例えば、日本と米国で売られているあるものの値段が、80円と1$とします。ここで、米国の物価が2倍になると、米国での売値は2$になります。一方、日本では80円のままですので、一物一価の法則であれば、80円=2$ということになり、円ドル・レートは1$=80円から、1$=40円になるということになります。

同様のテーマを以前のエントリー高金利通貨と低金利通貨(1)および高金利通貨と低金利通貨(2)でもおはなししていますので、是非ご覧ください。

購買力平価の考え方では、両国間の物価を考慮しているのです。

□ 2010年10月と2011年9月の円ドル購買力平価
物価をはかる指標はたくさんありますが、購買力平価を見るときによく使われるものに輸出物価と企業物価があります。下のグラフは、輸出物価と企業物価をつかって、円ドルの購買力平価と実際の円ドル・レートを示したものです。先に示したように、物価の調整をしています。



2010年10月
☆ 月中平均 82.43
☆ 企業物価(1973年基準) 103.27
☆ 輸出物価(1990年基準) 67.04

2011年9月
☆ 月中平均 76.78
☆ 企業物価(1973年基準) 99.92 (100円をわれてきました)
☆ 輸出物価(1990年基準) 61.17(60円われが視野に入ってきました。)

出所)日本銀行、FRB、米国労働省の数字より管理人が計算

□ 考察
実際の為替レートは常に購買力平価になっているとは限りません。為替の決定要因は、単に2国間の購買力の差だけではないからです。しかし、購買力平価を大きく乖離した状態が長く続くということは無いようです。

また、どの物価の数字をみるかによって解釈が違いますが、経験則からは以下のことが言えそうです。

円ドル・レートは、企業物価購買力平価を上限、輸出物価購買力平価を下限として、その間に収まる。 
上のグラフでは、赤と緑の線の間です。

□ まとめ
上記の経験則を受け入れるなら、
☆ 現在の円ドル・レートは、2011年9月末現在、 99.92-61.17のレンジを大きく逸脱しない。

☆ 円高は65円を割ってもおかしくない。

☆ 円安は100円程度が限界である。

☆ 長期的なトレンドはまだまだ円高である。(企業物価でみても、輸出物価で見ても、傾向線は円高)


注)以上は私見であり、また、ファイナンシャル・リテラシー(金融知力)の向上のみを目的としたものです。したがって、投資勧誘の目的で作成されたものではありません。実際の投資の最終判断は、自己責任でお願い申し上げます。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村  



スポンサーサイト
[ 2011/11/22 00:00 ] 為替・FX | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
2621位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
914位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
経済指標発表スケジュール
世界の動き
FX経済指標
FX初心者向けの比較サイト
AdSense2


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。