間違いだらけの金融知識 ~経済的自立応援ブログ~

幸せになる資産運用入門。 激動の世界を生き抜こう!
間違いだらけの金融知識 ~経済的自立応援ブログ~ TOP  >  スポンサー広告 >  最新ニュースから >  TPPの21分野 【最新ニュースから】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

TPPの21分野 【最新ニュースから】

□ TPPの21分野

TPPの議論が今後活発となってい

1)物品の貿易--->関税の撤廃、削減


2)原産地規制--->関税減免対象の基準


3)貿易円滑化--->貿易手続き簡素化


4)衛生植物検疫--->食品の安全基準


5)貿易の技術的障害--->製品規格のルール


6)貿易救済--->セーフガード


7)政府調達--->中央・地方政府による調達のルール


8)知的財産--->模倣品や海賊版の取締り


9)競争政策--->カルテル防止など


10)越境サービス貿易--->サービス貿易のルール


11)商用関係者の移動--->ビジネスマンの入国・滞在手続きの簡素化


12)金融サービス--->国境を越える金融サービスのルール


13)電気通信サービス--->通信事業者に対するルール


14)電子商取引--->電子商取引のルール


15)投資--->国内外の投資家を平等に扱う


16)環境--->貿易・投資促進のために環境基準を緩和しない


17)労働--->貿易や投資促進のために労働基準を緩和しない


18)制度的事項--->協定運用について協議する「合同委員会」の設置


19)紛争解決--->協定の解釈をめぐる紛争を解決する手続き


20)協力--->協定の実施が難しい国への支援


21)分野横断的事項--->複数分野にまたがる規制への対応


TPPのニュースが今後ますます新聞やニュースで活発となっていくものと思います。
その手始めとして、まず、一覧表を掲載しておきます。

それぞれ、どのような問題点があるのか、みなさんと一緒に考えていきましょう。

□ まとめ

TPPの交渉は、相当の難航が予想されます。駆け引きに長けた米国などに対し、オブザーバー参加も根回しできない、また、円売り介入などの負い目のある日本が、どこまで主張し交渉できるのか、甚だ疑問が残ります。

交渉には相当の出血が予想されますが、押し切られることなく、万が一の場合には、批判を受けようとTPPから撤退するだけの決断力をもっているかが試されています。


注)以上は私見であり、また、ファイナンシャル・リテラシー(金融知力)の向上のみを目的としたものです。したがって、投資勧誘の目的で作成されたものではありません。実際の投資の最終判断は、自己責任でお願い申し上げます。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ にほんブログ村  にほんブログ村 経済ブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村  





スポンサーサイト
[ 2011/11/14 08:25 ] 最新ニュースから | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
3053位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
995位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
経済指標発表スケジュール
世界の動き
FX経済指標
FX初心者向けの比較サイト
AdSense2


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。