間違いだらけの金融知識 ~経済的自立応援ブログ~

幸せになる資産運用入門。 激動の世界を生き抜こう!
間違いだらけの金融知識 ~経済的自立応援ブログ~ TOP  >  スポンサー広告 >  最新ニュースから >  封じ込めたか 欧州危機 新聞では触れられてないリスクとは?【最新ニュースから】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

封じ込めたか 欧州危機 新聞では触れられてないリスクとは?【最新ニュースから】

日本経済新聞は、2011年10月28日から、封じ込めたか 欧州危機という特集を1面でスタートさせました。


2011年10月28日: 第1回   時間稼ぎ 信頼回復遠く
2011年10月29日: 第2回  「ドイツの常識」なお火種
2011年10月30日: 第3回   不安の連鎖 西に東に
2011年10月31日: 第4回(終)成長下振れ 漂う閉塞感

以上、4回シリーズは終わりましたが、一つ大きな問題が抜けているような気がします。

□ ギリシャはデフォルトか?

☆ 政府は、なんとかデフォルトではないと言いたいようです。

☆ しかし、実態はデフォルトではないでしょうか?

☆ 大きな問題はCDS市場がデフォルトと判断するかです。デフォルトの定義自体が公平かどうかが問われています。

☆ それには、格付け機関の動向も大きく影響を与えます。

□ これでもデフォルトでない場合

☆ CDS市場の存在意義はなくなるかもしれません。

☆ 民間が保有するギリシャ国債の50%の元本減免でも、デフォルトでないのならば、市場参加者は、CDSを買う意味がなくなるかもしれません。

☆ また、債券を額面で償還しなくてもデフォルトとは呼ばないというのならば、債券を買う意味がどこにあるのでしょうか?

☆ 償還額が未定である債券の価格はどう評価すればいいのでしょうか?

☆ 売買が成立しない場合、債券を発行した資金調達の方法を失うことになります。

□ デフォルトの場合

☆ 国際スワップ・デリバティブ協会(ISDA)が、クレジットイベントと認定するに十分だとすれば、CDSの支払いが発生します。

☆ その場合、CDSの売り手には大きな損失が発生します。

□まとめ

☆ 以上のように、CDSの取り扱いをめぐってはひと悶着ありそうです。裁判にでもなれば、時間が相当必要となるでしょう。このように、欧州の問題はそう簡単に解決するものではありません。

☆ 31日に任期を終えるトリシェECB総裁の「危機は終わっていない」との言葉が不気味です。

注)以上は私見であり、また、ファイナンシャル・リテラシー(金融知力)の向上のみを目的としたものです。また、管理人は正確な情報の発信に努めておりますが、必ずしも、その正確性、完全性を保証するものではありません。したがって、投資勧誘の目的で作成されたものではありません。実際の投資の最終判断は、自己責任でお願い申し上げます。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村  


スポンサーサイト
[ 2011/11/02 00:00 ] 最新ニュースから | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
3053位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
995位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
経済指標発表スケジュール
世界の動き
FX経済指標
FX初心者向けの比較サイト
AdSense2


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。