間違いだらけの金融知識 ~経済的自立応援ブログ~

幸せになる資産運用入門。 激動の世界を生き抜こう!
間違いだらけの金融知識 ~経済的自立応援ブログ~ TOP  >  スポンサー広告 >  最新ニュースから >  ギリシャ デフォルト? ECB利下げ?【最新ニュースから】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ギリシャ デフォルト? ECB利下げ?【最新ニュースから】

前エントリー ギリシャ デフォルト? 民間損失負担21%から50-60%に 【最新ニュースから】でギリシャのデフォルトの可能性がかなり高くなってきたことをお話ししました。

対応を誤ると、かなり世界経済の足を引っ張りかねない重要な問題です。ギリシャの経済規模は大したことはありませんが、スペインやイタリアに飛び火すると、取り返しのつかないことにもなりかねません。

[世] ギリシャの実質GDPの推移(1980~2011年)

今回の対応策については、独仏の思惑が最終合意に達するのかは予断が許せません。

そして、ここ数日の重要日程は以下の通りです。

□ 重要なスケジュール (現地時間) 

10月22日午前9時    EU財務相理事会
10月23日午前10時半  EU首脳会議
10月23日午後4時    ユーロ圏首脳会議
10月26日夜        ユーロ圏首脳会議

注)日本時間は+7時間

出所)日本経済新聞

□ 更に 11月に入ると

11月2-3日  米FOMC
11月3日   ECB理事会
11月初旬   G20

と、重要なイベントが続きます。


□ 今後の注目点

☆ ヘアカットが正式に決まれば、格付会社がギリシャをデフォルトと認定する公算が高い。

☆ ギリシャ国債を大量に保有しているといわれているフランス系銀行への資本注入の行方に注目。
  =>あまりに資金が大きいと、AAAからの格下げの可能性が高くなる

☆ 2020年でもギリシャの債務のGDP比率はまだまだ高い。したがって、追加の削減など、まだまだ問題は解決されない。

□ まとめ
特に注目するのは11月3日のECB理事会です。場合によっては、0.25%~0.5%程度の利下げがあっても不思議ではないと管理人は考えています。


注)以上は私見であり、また、ファイナンシャル・リテラシー(金融知力)の向上のみを目的としたものです。また、管理人は正確な情報の発信に努めておりますが、必ずしも、その正確性、完全性を保証するものではありません。したがって、投資勧誘の目的で作成されたものではありません。実際の投資の最終判断は、自己責任でお願い申し上げます。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村  




スポンサーサイト
[ 2011/10/24 00:00 ] 最新ニュースから | TB(0) | CM(2)
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
[ 2011/10/25 21:05 ] [ 編集 ]
ご訪問有難うございました。
株の初心者様
ご訪問ありがとうございます。コメント、とてもうれしく、励みになります。
これからも精進してまいりますので、今後とも応援宜しくお願い申し上げます。
[ 2011/10/26 10:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
2158位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
759位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
経済指標発表スケジュール
世界の動き
FX経済指標
FX初心者向けの比較サイト
AdSense2


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。