間違いだらけの金融知識 ~経済的自立応援ブログ~

幸せになる資産運用入門。 激動の世界を生き抜こう!
間違いだらけの金融知識 ~経済的自立応援ブログ~ TOP  >  スポンサー広告 >  雑学 >  増税より、議員定数削減を 【雑学】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

増税より、議員定数削減を 【雑学】

□ 米国上院議員

☆ 上院議員 (senator) の定数は各州あたり2名ずつの100名
☆ 任期は6年間
☆ 全上院議員の約3分の1ずつが2年ごとに改選される。

□ 米国下院議員
☆ 下院議員(representative)は、435議席。10年に1度の国勢調査に基づき50州に配分される。
☆ 任期は2年間
☆ 選挙のたびに全員が改選されるので、下院選挙の2回に1回は大統領選挙と同じ年となる。

□ 日本の参議院
☆ 定数は公職選挙法により定められ、現在242議席。都道府県を単位とする選挙区選出議員が146人、全国を単位とする比例代表議員が96人の合計。

□ 日本の衆議院
☆ 定数は公職選挙法により定められ、現在480議席。

□ 日米の人口
☆ 米国 3億875万人(2010年4月 米国国勢局)
☆ 日本 1億2805万人 (2010年国勢調査)
☆ 米国の人口は、日本の2.4倍

□ 日本の議員数は多すぎないか?
☆ 米国上院と参議院を人口比率で合わせれば、42人程度
☆ 米国下院と衆議院を人口比率であわせれば、181人程度

□ まとめ
☆ 最低限の人数は必要かもしれませんが、日本の議員さんの効率が悪すぎませんか?

☆ 数ばかりいても、遅々として改革や債務削減、景気対策が進んでいませんよね。

☆ 増税よりも、議員の定数や公務員の数を下げるほうが先ではないでしょうか? 無駄はそこら中にまだまだありますね。

注)以上は私見であり、また、ファイナンシャル・リテラシー(金融知力)の向上のみを目的としたものです。したがって、投資勧誘の目的で作成されたものではありません。実際の投資の最終判断は、自己責任でお願い申し上げます。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

 



スポンサーサイト
[ 2011/10/04 00:00 ] 雑学 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
3122位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
1055位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
経済指標発表スケジュール
世界の動き
FX経済指標
FX初心者向けの比較サイト
AdSense2


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。