間違いだらけの金融知識 ~経済的自立応援ブログ~

幸せになる資産運用入門。 激動の世界を生き抜こう!
間違いだらけの金融知識 ~経済的自立応援ブログ~ TOP  >  スポンサー広告 >  雑学 >  米国についでドイツの衛星の落下は何かの暗示?  【雑学】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

米国についでドイツの衛星の落下は何かの暗示?  【雑学】

□ 米国大気観測衛星「UARS」落下

☆ 9月24日に大気圏に突入し、破片の一部が地上に落下した。
☆ UARSは全長10.6メートル、直径4.5メートルの大きさで、重さが6.5トン。
☆ 約500キロの破片26個が地上に落下する推測
☆ 破片が人に当たる確率は約3200分の1だった。

□ 今度は、ドイツ人工衛星「ROSAT」

☆ 落下は10月下旬から11月上旬
☆ 最大で30個の破片(1.6トン分)
☆ 破片が人に当たる確率は約2000分の1

□ まとめ

以上は客観的な事実なのですが、管理人はとても気になっています。ほぼ同時期に、米独の人工衛星が立て続けに落下する確率は、かなり小さいものだと思います。そこで、これは何かを暗示しているのではないかと。それが、米独の衰退を暗示しているのか、株式市場の先行きを暗示しているのかわかりませんが、とても気になっています。

注1)客観的な事実に基づき、それが意味することが何なのか、推測することもトレーニングになります。いろいろなことに興味をもち、頭で考えることが大切です。そのためにも、金融知力を磨いていきましょう。

注2)以上は私見であり、また、ファイナンシャル・リテラシー(金融知力)の向上のみを目的としたものです。したがって、投資勧誘の目的で作成されたものではありません。実際の投資の最終判断は、自己責任でお願い申し上げます。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

 



スポンサーサイト
[ 2011/10/01 15:55 ] 雑学 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
3247位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
1047位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
経済指標発表スケジュール
世界の動き
FX経済指標
FX初心者向けの比較サイト
AdSense2


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。