間違いだらけの金融知識 ~経済的自立応援ブログ~

幸せになる資産運用入門。 激動の世界を生き抜こう!
間違いだらけの金融知識 ~経済的自立応援ブログ~ TOP  >  スポンサー広告 >  金融知力 >  かわいい子(お金)には、旅をさせよう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

かわいい子(お金)には、旅をさせよう!

「そんなことは、知っているよ? いまさら何を?」と思われた方も多いのでは無いでしょうか?まあ、ちょっと待ってください。これ案外、資産形成や経済的自立にも役立つ言葉なんですよ。もう少し付き合ってください。

子育てをしている皆さんにはピンとくることだと思いますが、子供達の生活や成長は、鏡に映った自分の生活や成長を写しているものだとして考えると、子育てからたくさんのことが学べます。子供たちが成長するだけでなく、親も成長することができますよね。

一方、かわいいからといって、いつも手元において、あれも危ない、これも駄目といっていたら、子供達はどうなるでしょうか?結果として子供たちの能力は、あまり上達しませんよね。

つまり、子供達の無限の可能性を摘み取り、自分も成長していけないのではないでしょうか?興味があることをやらせ、多少のケガや失敗には目をつむる寛容さ(リスク管理)が、大きく育てることになるのではないでしょうか。

同様にお金もかわいいですよね。苦労して稼いだお金であればあるほどなお更ですよね。でもかわいいからといって、枕の中に隠して暖めていても、成長しませんよね?たまには鉄棒(債券投資)や遠泳(株式投資)をさせてみるのも大切ではないでしょうか?留学(海外投資)もいいですね。このとき、子供(お金)が大怪我(大損)をするかどうかは、親の知識(ファイナンシャル・リテラシー)にかかっています。

親に、知識(ファイナンシャル・リテラシー)や寛容さがあれば、子供(お金)を大きな目で見守ることができます。また、本当に危険な時には事前に手を打つことや、手助けをすることもできます。一方、親にファイナンシャル・リテラシー(金融知力)がなければ、子供(お金)は成長しません。遺産相続や宝くじで「トンビがタカを生む」事はありますが、「トンビにタカは育てられない」訳です。

経済的自立に一歩でも近づくためにも、ファイナンシャル・リテラシー(金融知力)をつけることがますます大切になってきています。金融知力を磨き、立派に成長した子供(お金)をみれば、最高に幸せですよね。
スポンサーサイト
[ 2010/09/03 10:06 ] 金融知力 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
2260位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
803位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
経済指標発表スケジュール
世界の動き
FX経済指標
FX初心者向けの比較サイト
AdSense2


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。