間違いだらけの金融知識 ~経済的自立応援ブログ~

幸せになる資産運用入門。 激動の世界を生き抜こう!
間違いだらけの金融知識 ~経済的自立応援ブログ~ TOP  >  スポンサー広告 >  経済 >  人口フライトと資産フライトはすでに始まっている?【経済】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

人口フライトと資産フライトはすでに始まっている?【経済】

外務省が話題になっていますので、本日は、外務省のホームページからの抜粋です。

□ 海外在留邦人数調査統計(平成22年速報)

この表は、何人の日本人が海外で生活をしているかをあらわしています。

外国に住む日本人
出所)外務省

☆ 2009年現在、合計113万人以上の日本人が、海外に長期滞在、又は、永住しています。また、その数は年々増えているのがわかります。


□ 国別在留邦人数(ベスト10)

国別邦人数
出所)外務省

☆ 2009年、アメリカに在留している日本人が、前年比で減少しています。
☆ 一方、中国やオーストラリアへの在留の傾向は伸びています。

□ 長期滞在者と永住者

外国に住む永住者
出所)外務省

☆ その中でも、長期滞在者よりも、永住者の数が増えています。

□ 以上から推測すると

☆ 一部の資産家は、着々と日本を離れているようです。そして、移住者とともに、資産もどんどんと日本から出て行っているのかもしれません。

☆ 米国の在留邦人が減少し始めたのも、興味のわく発見です。これが一時的なものかどうかはわかりませんが、米国の地盤沈下を如実にあらわしているのではないかと思います。魅力のない国には誰もいきたがりませんから。

□ まとめ
以上の数字から、皆さんは何を感じ、何を考えましたか?

数字を客観的に見たり、なぜなんだろうと突き詰めていくと、その裏に隠れている真実が見えてくることがあります。間違ってもいいのです。論理的な推理をすることが、頭のトレーニングになります。そして、ファイナンシャル・リテラシイー(金融知力)を高めることになるのです。楽しんでいきましょう。

注)以上は私見であり、また、ファイナンシャル・リテラシー(金融知力)の向上のみを目的としたものです。したがって、投資勧誘の目的で作成されたものではありません。実際の投資の最終判断は、自己責任でお願い申し上げます。

カブドットコム証券<= カブドットコム証券ならVIX短期先物指数(証券コード1552)の
                   現物・信用手数料が無料です。
                   (2010年12月24日現在)
                   資料請求だけでもされてみたら面白いと思います。

 <=申込手数料なしですし、信託報酬も低めです。
                また、未成年口座もつくれます。
                資料請求だけでもされて、ご検討されてみたら面白いと思います。



にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

 






スポンサーサイト
[ 2011/03/09 10:52 ] 経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
2131位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
749位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
経済指標発表スケジュール
世界の動き
FX経済指標
FX初心者向けの比較サイト
AdSense2


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。