間違いだらけの金融知識 ~経済的自立応援ブログ~

幸せになる資産運用入門。 激動の世界を生き抜こう!
間違いだらけの金融知識 ~経済的自立応援ブログ~ TOP  >  スポンサー広告 >  資産運用法 >  中東リスクが教える危機管理【資産運用法】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

中東リスクが教える危機管理【資産運用法】

中東・北アフリカなどの産油国の緊張が高まっており、2011年2月22日の東京市場でドバイ石油が一時1バレル104.3ドルをつけています。日本は原油を輸入していますので、原油の供給に支障をきたすと、コスト高になり、企業の収益を悪化させることになりかねません。

2011年2月23日の日本経済新聞に、日本の原油調達先の分布が出ていましたので現状を確認しておきましょう。

□ 日本の原油輸入先(2010年)

  万キロリットル
サウジアラビア6,19328.8%
アラブ首長国連邦4,39520.4%
カタール2,54211.8%
イラン2,0609.6%
クウェート1,5377.1%
オマーン7043.3%
イラク6953.2%
その他中東4952.3%
ロシア1,5297.1%
インドネシア4982.3%
その他8874.1%
合計21,535100.0%
中東合計18,62186.5%
出所)資源エネルギー庁、日本経済新聞



☆ 中東諸国からの依存度が約87%と高いので、中東の地政学的リスクがかなり大きい。
☆ ロシアからの輸入も7.1%とかなり大きな存在である。


□ 問題点
今後の課題として考えられる中期的な対応策としては:

☆ 輸入先の分散化
☆ 風力、水力、バイオなどの脱石油エネルギーへの転換
☆ エネルギー効率の改善

などですが、実態としてはそう簡単な話ではありません。

また、ロシアへの依存度は2009年3ポイントと上昇しているのも気になります。現状ではロシアとの関係が領土問題から悪化していますが、石油の依存度を高めていくと、イザという時の弱みとなります。

□ まとめ
危機管理は国でも、企業でも、個人の投資でも重要な要素です。国でも企業でも同じですが、仕入先を分散化しておくのも、大切な危機管理です。今回の中東の問題は、改めて危機管理の大切さを教えてくれています。

投資家として忘れてはならない一面です。

注)以上は私見であり、また、ファイナンシャル・リテラシー(金融知力)の向上のみを目的としたものです。したがって、投資勧誘の目的で作成されたものではありません。実際の投資の最終判断は、自己責任でお願い申し上げます。

カブドットコム証券<= カブドットコム証券ならTOPIX, NK225、MSCI KOKUSAI、VIXなどの
                   ETFの一部の 現物・信用売買手数料が無料です。
                   (2011年2月18日現在)
                   資料請求だけでもされてみたら面白いと思います。

 <=申込手数料なしですし、信託報酬も低めです。
                また、未成年口座もつくれます。
                資料請求だけでもされて、ご検討されてみたら面白いと思います。



にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

 


スポンサーサイト
[ 2011/02/23 10:52 ] 資産運用法 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
2372位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
820位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
経済指標発表スケジュール
世界の動き
FX経済指標
FX初心者向けの比較サイト
AdSense2


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。