間違いだらけの金融知識 ~経済的自立応援ブログ~

幸せになる資産運用入門。 激動の世界を生き抜こう!
間違いだらけの金融知識 ~経済的自立応援ブログ~ TOP  >  スポンサー広告 >  金融知力 >  ファイナンシャル・インテリジェンスとは【金融知力】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ファイナンシャル・インテリジェンスとは【金融知力】

ファイナンシャル・インテリジェンスとは

□ 知能指数(IQ)
☆ 知能指数(IQ)とは何ですか?
☆ 知能指数(IQ)が高いと、お金持ちになれますか?
☆ 知能指数(IQ)が高いと、幸せになれますか?

いかがでしょうか?

知能指数とは、精神(知能年齢) ÷ 生活年齢 x 100 で計算されます。成人の場合は、生活年齢を18歳程度に固定して計算するのが一般的です。また、IQの平均値は100で、85-115の間に約3分の2が収まる正規分布をしると考えられています。

□ ファイナンシャルIQ、ファイナンシャル・インテリジェンス
では、ファイナンシャル・インテリジェンス(お金に対する知力)はどうやってはかるのでしょうか?ファイナンシャル・インテリジェンスとは、給料とか資産の多さではかるのではありません。

金持ち父さんは「稼ぐお金の量には関係ない。どのくらいお金を持ち続け、そのお金がどのくらいきみにために働いてくれるかによって決まる。」と言っています。また、「年を取るにつれて、お金と引き換えに、今まで以上の自由や幸福、健康、その他いろいろな選択肢を得られていれば、ファイナンシャル・インテリジェンスは増えている。」とも言っています。

ここで重要なキーワードは、“選択肢”という言葉です。選択肢が多ければ多いほど、より豊かで自分らしい生き方をすることができるようになります。選択肢とは、仕事を選ぶ選択肢、誰とどこで仕事や遊ぶかの選択肢など、多ければ多いほど、豊かになるのです。つまり、自由だということになります。

一方、お金はあなたを幸せにはしてくれません。お金があれば、幸せということではありません。

□ まとめ
いつでも、どんな状態でも少しでも多くの選択肢を持つことを心がけましょう。その延長線上に“自由”と“幸福”はあるのです。そのためにも、ファイナンシャル・リテラシー(金融知力)を高めていきましょう。

金持ち父さんのファイナンシャルIQ金持ち父さんのファイナンシャルIQ
(2008/11/05)
ロバート・キヨサキ

商品詳細を見る


注)以上は私見であり、また、ファイナンシャル・リテラシー(金融知力)の向上のみを目的としたものです。したがって、投資勧誘の目的で作成されたものではありません。実際の投資の最終判断は、自己責任でお願い申し上げます。

 <=申込手数料なしですし、信託報酬も低めです。
                また、未成年口座もつくれます。
                資料請求だけでもされて、ご検討されてみたら面白いと思います。



にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

 



スポンサーサイト
[ 2011/02/13 00:00 ] 金融知力 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
4048位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
1278位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
経済指標発表スケジュール
世界の動き
FX経済指標
FX初心者向けの比較サイト
AdSense2


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。