間違いだらけの金融知識 ~経済的自立応援ブログ~

幸せになる資産運用入門。 激動の世界を生き抜こう!
間違いだらけの金融知識 ~経済的自立応援ブログ~ TOP  >  スポンサー広告 >  商品 >  地球の悲鳴に耳を傾けると~ペンタゴン・レポート【商品】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

地球の悲鳴に耳を傾けると~ペンタゴン・レポート【商品】

ラニーニャとは、南米沖などの海面水温が平年よりも低下する現象のことで、エルニーニョとは逆の現象です。ラニーニャが起こると、世界各所で、気候や降雨量に大きな影響があらわれます。

☆ インドネシア、フィリピン、マレーシア及び北部オーストラリアなどで降水量が増す。
☆ 冬は、日本、カナダ中西部、ブラジル南東部などで気温が低くなる。
☆ 夏は、インド、東南アジア、南米北部から中米の一部で気温が低くなる。
☆ 一方、メキシコ湾岸などで冬に気温が高くなる。

□ 現在の商品市況
☆ インドネシアの多雨により、すずの生産減。(1年前と比べ、価格が約9割上昇)
☆ 豪州の豪雨により、粗糖が30年ぶりの高値。また、原料炭も今年に入り一時7-8割上昇。
☆ 北半球の生育不良で小麦やトウモロコシが昨年夏以降8割上昇。

出所)日本経済新聞

□ 温暖化から寒冷化へ
地球では、海流によって熱を赤道から北極や南極に循環させています。温暖化がすすみ、氷が大量に溶け出すと、この海流の循環が機能しなくなります。暖かい熱が赤道から、南極や北極へ運ばれなくなり、氷床がまた作られます。この氷床は、太陽光線を反射させるため、地球が冷え込むというのが、現在の定説です。

いわゆる地球の防衛反応というか、人類に対する抵抗ともいえるこの小さな変動が、その偉大な地球の上で生活するちっぽけな人類に多大なる影響を与えるのです。

□ ぺンタゴン・レポート
いわゆる地球の寒冷化に警鐘を鳴らしたのが、2003年のいわゆるペンタゴン・レポートです。カリフォルニアが竜巻に襲われ、ニューヨークが大雪に見舞われるという内容で、2004年に日本でも公開された映画“デイ・アフター・トゥモロー”の基礎となったともいわれているレポートです。

□ 2010年―2020年の予想
☆ 欧州と北米西部の穀倉地帯で旱魃が続く。
☆ アジアと北米では気温が最高で毎年2.7℃程度下がる。欧州では最高3.3℃程度下がる。
☆ 豪州、南米、アフリカ東部では最高で毎年2.2℃上がる。

□ ペンタゴン・レポートの警鐘
☆ 寒冷化により、食糧生産の減少
☆ 洪水や旱魃による飲料水不足
☆ エネルギー不足

たとえば、豪州では、牛乳の生産量が3割程度減ることなど、食糧自給率の高い豪州や米国は、現在のロシアの小麦のように、輸出規制をするかもしれません。水やエネルギーについても同様なことが起こる可能性が高いのです。

北大西洋地域は1300年から1850年まで、寒冷化したといわれています。その時、100万ものが餓死者を出したといるアイルランド・ポテト飢饉がおこっています。

□ 寒冷化の連鎖
寒冷化、乾燥化、嵐の多発
  ↓  ↓
食糧不足、水不足、エネルギー不足
  ↓  ↓
民族の移動、国際紛争の激化、治安の悪化、疫病の蔓延
  ↓  ↓
経済の停滞

□ まとめ
寒冷化のスタートする年代は、あくまで2003年のレポート発表時の予想ですので、現在、寒冷化が起こっているというものではないと管理人は解釈しています。一方で、寒冷化が起こった時の現象とその大きさには興味を引かれるところがあります。

近年の世界各所での異常気象を考える時、人類は寒冷化のまさに入り口に立たされているのかもしれません。GDPや失業率などの経済指標を見ることも大切ですが、私たちの住んでいる地球の悲鳴を聞くことにも、もっと真剣になる必要があります。
注)以上は私見であり、また、ファイナンシャル・リテラシー(金融知力)の向上のみを目的としたものです。したがって、投資勧誘の目的で作成されたものではありません。実際の投資の最終判断は、自己責任でお願い申し上げます。

カブドットコム証券<= カブドットコム証券ならVIX短期先物指数(証券コード1552)の
                   現物・信用手数料が無料です。
                   (2010年12月24日現在)
                   資料請求だけでもされてみたら面白いと思います。

 <=申込手数料なしですし、信託報酬も低めです。
                また、未成年口座もつくれます。
                資料請求だけでもされて、ご検討されてみたら面白いと思います。



にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

 


スポンサーサイト
[ 2011/02/06 10:41 ] 商品 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
2158位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
759位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
経済指標発表スケジュール
世界の動き
FX経済指標
FX初心者向けの比較サイト
AdSense2


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。