間違いだらけの金融知識 ~経済的自立応援ブログ~

幸せになる資産運用入門。 激動の世界を生き抜こう!
間違いだらけの金融知識 ~経済的自立応援ブログ~ TOP  >  スポンサー広告 >  お得な情報・節約情報 >  新商品上場と制度改革で新たな収益機会が増大【お得な情報】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

新商品上場と制度改革で新たな収益機会が増大【お得な情報】

□ 東京証券取引所
東京証券取引所は2011年1月28日、新たな商品の上場や制度改正を検討していると報じています。

☆ 外国の者の発行する指標連動証券のJDR(日本型預託証券)を上場する。(2011年4月をめど)
☆ 国債証券先物取引、先物オプション取引のイブニングセッションの開始時間を5分切り上げて午後3時25分からとする。(2011年度前半をめど)
☆ 指数先物取引、指数オプション取引のイブニングセッションの開始時間を10分切り上げて4時20分とする。(2011年度前半をめど)

□ 大阪証券取引所
同様に、大阪証券取引所は2011年2月14日の新デリバティブ売買システム(J-GATE)の導入開始とともに制度改定を予定しています。また、今後も夜間取引を翌日午前3時にまで延長することも検討しているようです。

☆ ミニ先物にマンスリー限月の追加。例えば4月限月や5月限月がマンスリー限月取引として追加されます。
☆ オプションの呼値が50円以下は1円刻みに。(現行:20円超50円以下は5円刻み)

□ オンライン証券
さらに日本経済新聞は、SBI証券やカブドットコム証券などのオンライン証券が個別株オプションの個人向け取り扱いを2011年6月から開始すると報じています。

□ まとめ
証券取引所も生き残りをかけた改革を急ピッチで進めています。また、現物取引の低調な証券会社も新たな収益源の確保に必死です。このように、製造業では当たり前であった改革が、やっと金融業界や取引所などの一部で起こってきたことは喜ばしいことです。

日本においては、政治、役所や官僚などが改革できるか、いつまでも既得権に胡坐をかき続けるかが今後の成長の鍵です。この点は、海外投資家にとっての注目点でもあります。

個人投資家も、従来の金融商品に新しい金融商品や手法をとりいれることで、新たな収益源やリスク管理の手法を取り入れることができるようになります。そのためにも、ファイナンシャル・リテラシー(金融知力)を磨いていきましょう。

注)以上は私見であり、また、ファイナンシャル・リテラシー(金融知力)の向上のみを目的としたものです。したがって、投資勧誘の目的で作成されたものではありません。実際の投資の最終判断は、自己責任でお願い申し上げます。

カブドットコム証券<= カブドットコム証券ならVIX短期先物指数(証券コード1552)の
                   現物・信用手数料が無料です。
                   (2010年12月24日現在)
                   資料請求だけでもされてみたら面白いと思います。

 <=申込手数料なしですし、信託報酬も低めです。
                また、未成年口座もつくれます。
                資料請求だけでもされて、ご検討されてみたら面白いと思います。



にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

 









スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
3495位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
1121位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
経済指標発表スケジュール
世界の動き
FX経済指標
FX初心者向けの比較サイト
AdSense2


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。