間違いだらけの金融知識 ~経済的自立応援ブログ~

幸せになる資産運用入門。 激動の世界を生き抜こう!
間違いだらけの金融知識 ~経済的自立応援ブログ~ TOP  >  スポンサー広告 >  株式 >  井の中の蛙の日本企業【株式】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

井の中の蛙の日本企業【株式】

野村証券金融工学センター調べてとして、日本経済新聞は2011年1月18日の1面と11面で、世界の株式の時価総額の上位を掲載しています。

順位国名社名時価総額
20102009(億ドル)
1(2)米国エクソンモビール3,687
2(1)中国ペトロチャイナ3,032
3(10)米国アップル2,958
4(3)米国マイクロソフト2,388
5(4)中国中国工商銀行2,333
6(8)ブラジルペトロプラス2,290
7(6)中国中国建設銀行2,222
8(12)英蘭ロイヤル・ダッチ・シェル2,087
9(16)スイスネスレ2,035
10(11)中国チャイナモバイル1,988
11(25)米国バークシャ・ハザウェイ1,983
12(5)米国ウォルマート1,961
13(20)米国GE1,951
14(9)米国グーグル1,888
15(23)米国シェブロン1,829
16(17)米国IBM1,823
17(15)米国P&G1,800
18(7)英国HSBC1,794
19(18)米国AT&T1,745
20(28)ブラジルヴァーレ1,701
32(27)日本トヨタ1,368
37(49)韓国サムソン電子1,219
74(89)日本NTTドコモ768
75(78)日本三菱UFJFG765
87(88)日本ホンダ718
140(253)日本三井住友FG504
225(254)日本ソニー357
251(343)韓国現代自動車332
注1)野村証券金融工学研究センター調べ、英FTSE算出ベース
注2)サムソン電子、ソニー、現代自動車は円ベースの時価総額を81.2円でドル換算
出所)日本経済新聞より抜粋

□ 注目点
記事では、勢力図が様変わりしているとコメントしていますが、その他にも注目すべき点が多々あります。そのいくつかは以下の通りです。

☆ アジア企業やブラジル企業の躍進が目立っている。

☆ 円高にもかかわらず日本企業の停滞振りが目立っている。

☆ 同じ業種の中で日本企業の時価総額が外資企業に対してかなり低い、または、急速に追い上げられている。

☆ 同じ業種の利益率が日本企業はかなり低い。

□ 時価総額が低いと問題なのは
一言で言えば、買収の懸念があるからです。サムソン電子の時価総額は約1219億ドルに対し、ソニーの時価総額は357億ドルと、29%しかありません。サムソン電子が30%に時価発行増資をするだけで、ソニーの株式をすべて買える計算です。(実際には、買収価格はもっと高くなるかもしれませんが、大株主になることはいとも簡単です。)

金融業界でもが同じことが言えます。中国工商銀行は2333億ドルの時価総額があります。一方、三井住友FGの時価総額は504億ドルですので、中国工商銀工の21%しかありません。

□ 自己資本利益率(ROE)の差
当期利益を自己資本で割ったものを自己資本利益率(ROE)といいます。基本的に、ROEの数字は高ければ高いほど資本効率が良いとみなされます。如何に日本企業の資金効率が低いかがわかります。

☆ ROE比較(2009年度)
トヨタ      2%  VS  現代自動車 14%
NTTドコモ  11% VS   中国移動   24%
ソニー    赤字  VS  サムソン電子 15%

出所)日本経済新聞

□ まとめ
日本企業の相対的地盤沈下は明白なようです。人口減少、老齢化の進む日本において、国内企業は、如何に海外に販路を見出し、かつ、資本効率を改善していかない限り、国際競争レースからの脱落は時間の問題かもしれません。

注)以上は私見であり、また、ファイナンシャル・リテラシー(金融知力)の向上のみを目的としたものです。したがって、投資勧誘の目的で作成されたものではありません。実際の投資の最終判断は、自己責任でお願い申し上げます。

カブドットコム証券<= カブドットコム証券ならVIX短期先物指数(証券コード1552)の
                   現物・信用手数料が無料です。
                   (2010年12月24日現在)
                   資料請求だけでもされてみたら面白いと思います。

 <=申込手数料なしですし、信託報酬も低めです。
                また、未成年口座もつくれます。
                資料請求だけでもされて、ご検討されてみたら面白いと思います。



にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

 



スポンサーサイト
[ 2011/01/18 12:41 ] 株式 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
2131位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
749位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
経済指標発表スケジュール
世界の動き
FX経済指標
FX初心者向けの比較サイト
AdSense2


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。