間違いだらけの金融知識 ~経済的自立応援ブログ~

幸せになる資産運用入門。 激動の世界を生き抜こう!
間違いだらけの金融知識 ~経済的自立応援ブログ~ TOP  >  スポンサー広告 >  経済 >  米国住宅価格をみると米国経済に2番底懸念の可能性が【経済】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

米国住宅価格をみると米国経済に2番底懸念の可能性が【経済】

2010年12月28日、S&P社は2010年10月のS&Pケース・シラー住宅価格指数を発表しました。主要10都市平均は0.2%(前年同月比)の上昇でしたが、主要20都市平均は9ヶ月ぶりのマイナスとなる0.8%(前年同月比)の下落でした。また、マイアミなど6都市では、2007年以降の最安値を更新しています。


出所)S&P

上記のチャートを見てみると、サブプライム以降住宅価格が低迷しているのにもかかわらず、S&P500に代表される米国株が堅調なのに違和感を覚えるかもしれません。

□ 米国個人消費を支えるもの:雇用と住宅価格
米国の経済は個人消費に大きく支えられています。個人の消費が上向くには、やはり雇用が安定し、給料があがり、資産(特に不動産)の価値が上がることが重要です。

今回発表の米国の住宅価格の低迷は、明らかに経済成長にとってはマイナス要因です。今後も更に住宅価格が下がるとすると、経済回復に対する楽観的な見通しも一度は見直される展開となるかもしれません。

もう一方の失業率も、直近は9.8%と高止まりしているのが現状です。

□ 米国の住宅ローン市場に混乱
住宅ローン遅延者の差し押さえの手続きに不備があるとして、銀行に対する集団訴訟が増えています。また、米銀などの住宅ローン債権や住宅ローン担保証券(MBS)を買い取った政府系住宅金融公社や機関投資家も、手続きなどに不備のある債権の買戻しを銀行側に請求しています。

2010年12月28日の日経新聞夕刊では、これらの請求がすべて裁判所によって認められると、米銀全体で1800億ドルもの損失の可能性があるとの試算を紹介しています。

□ まとめ
このような環境のもと、2010年12月28日に発表された米国の消費者信頼感指数も、市場の予想に反して前月比1.8ポイント低下しています。堅調に見える米国株価の回復も、雇用環境と住宅価格の現状を考えると、砂上の楼閣となるかもしれません。

注)以上は私見であり、また、ファイナンシャル・リテラシー(金融知力)の向上のみを目的としたものです。したがって、投資勧誘の目的で作成されたものではありません。実際の投資の最終判断は、自己責任でお願い申し上げます。

カブドットコム証券<= カブドットコム証券ならVIX短期先物指数(証券コード1552)の
                   現物・信用手数料が無料です。
                   (2010年12月24日現在)
                   資料請求だけでもされてみたら面白いと思います。

 <=申込手数料なしですし、信託報酬も低めです。
                また、未成年口座もつくれます。
                資料請求だけでもされて、ご検討されてみたら面白いと思います。



にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

 


スポンサーサイト
[ 2010/12/29 10:02 ] 経済 | TB(0) | CM(4)
お礼
お疲れ様です。明日大納会ですね。昔が懐かしいです。年明けもまたコラボできるようにがんばります。またお願いします。
[ 2010/12/29 18:36 ] [ 編集 ]
ご訪問ありがとうございます。
こちらこそ、いろいろご教授いただき、ありがとうございます。今後とも宜しくお願い申し上げます。
[ 2010/12/29 18:53 ] [ 編集 ]
とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます。
[ 2010/12/29 22:44 ] [ 編集 ]
また遊びに来てくださいね。
ご訪問ありがとうございます。応援ありがとうございます。ちょくちょく遊びに来てくださいね。職務経歴書の書き方の見本のサイトに遊びにいきました。書き方のノウハウ大切ですよね。昔採用をしていた時、人柄とか熱意とかがわかりますからね。
[ 2010/12/29 23:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
2456位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
828位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
経済指標発表スケジュール
世界の動き
FX経済指標
FX初心者向けの比較サイト
AdSense2


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。