間違いだらけの金融知識 ~経済的自立応援ブログ~

幸せになる資産運用入門。 激動の世界を生き抜こう!
間違いだらけの金融知識 ~経済的自立応援ブログ~ TOP  >  スポンサー広告 >  商品 >  商品の価格変動要因【商品】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

商品の価格変動要因【商品】

今回は、もう少し詳しく商品(コモディティ)についてその価格変動要因を考えていきます。

以下は、まず商品の種類です。

□ 種類
エネルギー: 原油、天然ガス、無鉛ガソリン、ヒーティングオイル
非鉄:     銅、アルミニウム、亜鉛、ニッケル、鉛
金属:     金、銀
穀物:     小麦、トウモロコシ、大豆
畜産物:    生牛、豚赤味肉、飼育牛
農産物:    綿、砂糖、コーヒー、ココア、オレンジ・ジュース
植物油:    大豆油

次に、商品はその特徴で大きく2つにわかれます。それぞれの価格変動要因を以下のとおりです。

□ エネルギー系商品の価格変動要因
☆ 人口、需要
☆ 生産国の政情
☆ 需給(増産・減産、精製能力、在庫状況)
☆ 気候(暖冬か厳冬)
☆ 技術革新、代替エネルギーとの価格競争力
☆ 環境汚染

□ 穀物系商品の価格変動要因
☆ 人口、需要
☆ 需給(不作・豊作、在庫状況)
☆ 生産性
☆ 天候、気温
☆ 食生活の変化
☆ 利用法の多様化 (食料利用からエネルギー利用へ)

□ 株式や債券との違い
前エントリーで株式との大きな違いを述べましたが、商品は基本的に消費財です。需給が大きな価格の形成要因です。一方、株式や債券の価格は、将来生み出されるキャッシュフローの現在価値として捉えられるのです。

□ まとめ
商品への投資は、インフレ対策という観点もありますが、株式や債券とともにポートフォリオとして分散投資の側面も覚えておく必要があります。単に、ブームに流されて投資をするのではなく、その特性を把握した上で投資をするかどうかを考える必要があります。知っているかどうかで、判断が異なることもあるわけです。後で後悔しないためにも、ファイナンシャル・リテラシー(金融知力)を一緒に高めていきましょう。

注)以上は私見であり、また、ファイナンシャル・リテラシー(金融知力)の向上のみを目的としたものです。したがって、投資勧誘の目的で作成されたものではありません。実際の投資の最終判断は、自己責任でお願い申し上げます。

 <=申込手数料なしですし、信託報酬も低めです。
                また、未成年口座もつくれます。
                資料請求だけでもされて、ご検討されてみたら面白いと思います。



にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

 


スポンサーサイト
[ 2010/12/21 10:22 ] 商品 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
3005位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
1016位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
経済指標発表スケジュール
世界の動き
FX経済指標
FX初心者向けの比較サイト
AdSense2


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。