間違いだらけの金融知識 ~経済的自立応援ブログ~

幸せになる資産運用入門。 激動の世界を生き抜こう!
間違いだらけの金融知識 ~経済的自立応援ブログ~ TOP  >  スポンサー広告 >  資産運用法 >  分散投資③:投資対象の分散【資産運用法】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

分散投資③:投資対象の分散【資産運用法】

現在のマーケットには、多種多様の金融商品があります。その代表的な商品は、預貯金、国内債券、外国債券、日本株式、外国株式、REIT(不動産投資信託)です。預貯金はMRFやMMFとして、そのほかは各種の投資信託として出回っています。

養老保険や終身保険も一種の投資商品ですし、金、銀、プラチナ、パラジウム、石油などのコモディティに投資する上場投資信託もあります。

しかし、これだけではありません。以下の商品も、投資対象です。

■コモディティだけでもまだまだあります。
  エネルギー:原油、天然ガス、ガソリン、ヒーティング・オイル
  金属:   アルミニウム、銅、亜鉛、ニッケル、スズなど
  家畜:   生牛、豚赤身肉
  穀物:   小麦、トウモロコシ、大豆、大豆油、米、大麦、小豆など
  その他:  綿花、砂糖、コーヒー、ココア、オレンジ・ジュース、羊毛、ゴム、板材など

更に、富裕層であれば、
□ 実物不動産 (アパート、ビル、ホテル、商業施設、土地、無人島)
□ パートナーシップ
□ ベンチャー、エンジェル・ファンド
□ 絵画、骨董
□ 飛行機、ヘリコプター、ボート
□ オフショア・ファンド
□ ヘッジ・ファンド

などなど、節税対策も兼ねたいろいろな投資対象があるのです。

また、投資手法も単に、買うだけでなく、空売りもありますし、オプションを使った方法もあるのです。

分散の効果は、その商品や手法が多岐に渡れば渡るだけ効果を発揮するのです。株や債券だけが投資対象ではありません。

スポンサーサイト
[ 2010/09/11 15:31 ] 資産運用法 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
2621位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
914位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
経済指標発表スケジュール
世界の動き
FX経済指標
FX初心者向けの比較サイト
AdSense2


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。