間違いだらけの金融知識 ~経済的自立応援ブログ~

幸せになる資産運用入門。 激動の世界を生き抜こう!
間違いだらけの金融知識 ~経済的自立応援ブログ~ TOP  >  スポンサー広告 >  やってはいけない投資 >  運用成績のいいヘッジ・ファンドは買えない【やってはいけない投資】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

運用成績のいいヘッジ・ファンドは買えない【やってはいけない投資】

ヘッジ・ファンドは、どんな相場環境でも絶対的なプラスの収益を目標に運用しています。一方、伝統的なアクティブ運用の投資信託などは、TOPIXやS&P500などをベンチマークとし、それよりも相対的に良いパフォーマンスを得ることを目標としています。

□ 運用成績のいい有名なヘッジ・ファンドは買えない 
そのほか、インデックス・ファンドというインデックスと連動するように運用するファンドもあります。 一般的なヘッジファンドの最低投資金額は1億円以上というのが普通です。中には、もっとハードルが高いものもあります。また、お金があるからといって投資できるわけではありません。運用成績のいい有名なヘッジ・ファンドは、基本的に一見さんお断りです。ファンド側が投資家を選別するのです。

運用成績のいい有名ファンドは、いくらでも買いたい人がいるのです。したがって手間をかけて小口で販売する必要がありません。また、下記に示すように、特殊な戦略を用いますので、運用できる資金の大きさには限度があります。外国債券ファンドとは根本的に違います。また、投資家もあまり解約をしませんので、追加で資金を集めることはあまりありません。

□ 小口のファンド
一方、小口で売り出しているファンドは、実績の無い新しいファンドか、成績があまり芳しくないファンドの可能性が高くなります。少なくとも、小口にする分、割高となります。

□ ヘッジ・ファンドの主な戦略
ヘッジ・ファンドの戦略は多岐にわたっています。以下は、その戦略の主なものです。

☆ アービトラージ (裁定取引):
同一の銘柄が別々の市場で取引されている場合、値段のゆがみが生じる場合があります。別々の市場で同時に同じ銘柄を売り買慰することで利益を得ようとする戦略です。

イベント・ドリブン:    
企業の買収や合併等が起こるときに、価格形成がゆがむときがあります。そのミス・プライスを収益機会ととらえる戦略です。

グローバル・マクロ:    
あらゆる市場であらゆる方法で収益機会を求める戦略です。その多くが、マクロに着目したトップダウン・アプローチをとっています。

マーケット・タイミング :    
上げ相場で株式などに投資し、下げ相場で葉、現金などで運用する戦略です。

マーケット・ニュートラル :    
銘柄選択から生まれるアルファを追求した運用方法です。

レラティブ・バリュー:
相対的な割安・割高を測定し、投資収益とする方法です。

ロング・ショート : 
異なった2つの有価証券などのうち、割高だと思う方を売り、割安なほうを買う戦略です。ヘッジ・ファンドの中で最も多く用いられている戦略といわれています。

□ まとめ
数億円程度を紹介ベースで買うのならまだしも、100万円程度から変えるファンドに過度の期待はしないほうが無難です。また、換金性も低く、運用の内容の開示もあまり無いファンドへの投資は、全てなくなっても困らないお金で投資するのが基本だと思います。

注)以上は私見であり、また、ファイナンシャル・リテラシー(金融知力)の向上のみを目的としたものです。したがって、投資勧誘の目的で作成されたものではありません。実際の投資の最終判断は、自己責任でお願い申し上げます。

 <=申込手数料なしですし、信託報酬も低めです。
                また、未成年口座もつくれます。
                資料請求だけでもされて、ご検討されてみたら面白いと思います。



にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

 




スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
2456位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
828位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
経済指標発表スケジュール
世界の動き
FX経済指標
FX初心者向けの比較サイト
AdSense2


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。