間違いだらけの金融知識 ~経済的自立応援ブログ~

幸せになる資産運用入門。 激動の世界を生き抜こう!
間違いだらけの金融知識 ~経済的自立応援ブログ~ TOP  >  スポンサー広告 >  経済 >  重要な日本の経済指標【経済】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

重要な日本の経済指標【経済】

今回は為替、株式、債券等に大きく影響を及ぼす重要な日本の経済指標の一覧表です。

□ 景気関係指標
☆ GDP (四半期: 翌々月から第一次速報、第ニ次速報の順に): 内閣府
     第一次速報 : 2月、5月、8月、11月
     第ニ次速報 : 3月、6月、9月、12月

☆ 景気動向指数  (月次:上旬) : 内閣府

☆ 機械受注統計 (月次:中旬) : 内閣府

☆ 日銀短観 (四半期:4月、7月、10月初旬、12月中旬): 日本銀行

☆ 鉱工業生産指数 (月次:月末) : 経済産業省


□ 物価関係指標
☆ 企業物価指数(CGPI) (月次:第8営業日頃): 日本銀行

☆ 消費者物価指数(CPI) (月次:26日を含む週の金曜日) : 総務省統計局


□ 雇用関係指標
☆ 失業率  (月次: 下旬) : 総務省統計局


□ 住宅関係指標
☆ 首都圏・近畿圏マンション契約率 (月次: 中旬)  : 不動産経済研究所


□ 貿易関係
☆ 国際収支 (月次: 中旬) : 財務省、日本銀行

☆ 外貨準備高 (月次: 7日頃) : 財務省


注)発表スケジュールなどは予告なく変更になる場合があります。

□ まとめ
重要な経済指標の発表の前後で大きく相場が動く事があります。実際の投資の際には、当然タイミングも大きな要素なのです。知っているか知らないかで、大きな差が出ることもあるのです。その為もファイナンシャル・リテラシー(金融知力)を高めていきましょう。

注)以上は私見であり、また、ファイナンシャル・リテラシー(金融知力)の向上のみを目的としたものです。したがって、投資勧誘の目的で作成されたものではありません。実際の投資の最終判断は、自己責任でお願い申し上げます。





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村






スポンサーサイト
[ 2010/12/10 00:01 ] 経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
3495位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
1121位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
経済指標発表スケジュール
世界の動き
FX経済指標
FX初心者向けの比較サイト
AdSense2


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。