間違いだらけの金融知識 ~経済的自立応援ブログ~

幸せになる資産運用入門。 激動の世界を生き抜こう!
間違いだらけの金融知識 ~経済的自立応援ブログ~ TOP  >  スポンサー広告 >  最新ニュースから >  世界一のスーパー・コンピュータは中国製の現実【最新ニュースから】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

世界一のスーパー・コンピュータは中国製の現実【最新ニュースから】

2010年11月14日、世界一の演算性能をもつスーパー・コンピュータTOP500ランキングが発表されました。

□ トップ10
1位 中国   NUDT(国防科学技術大学)
2位 米国   Cray
3位 中国   Dawning
4位 日本   NEC/米HP
5位 米国   Cray
6位 フランス Bull
7位 米国   IBM
8位 米国   Cray
9位 ドイツ  IBM
10位 米国   Cray

□ 中国の台頭
中国製のスーパー・コンピュータが第1位に輝いただけでなく、第3位にも食い込んでいます。潜在成長率の高さなどを考えると、やはり伸び盛りの強さかもしれません。また、中国政府主導により、まさに国を挙げてのサポートが実った形といえると思います。

もはや中国製と侮ることはできなくなりました。過去のイメージを捨て、日本はもう技術でも追いかける立場になっているものもたくさん出てきているのが現状です。謙虚に現実を受け入れる必要があるのかもしれません。

□ 米国、日本、ドイツ、フランス
第1位こそ明け渡しましたが、さすが米国です。トップ10に5システムが入っているのは、やはり底力を感じさせます。ちなみに前回は7システムでしたが。

日本、フランス、ドイツはかろうじて1システムです。特に日本はNECと米国HPの共同ですので、0.5システムと言えなくもありません。

□ まとめ
スーパー・コンピュータに限らずさまざまな分野で、中国の台頭は目覚ましいものがあります。日本も胡坐をかいている場合ではありません。技術進歩により、世界情勢は刻々とかわっているのです。

投資の世界では、その時代の変化のスピードをとらえ、既成概念を捨てていく必要があります。柔軟な発想を持ち、常に最新の情報や足元の変化に敏感でなくては勝ち残れません。

注)以上は私見であり、また、ファイナンシャル・リテラシー(金融知力)の向上のみを目的としたものです。したがって、投資勧誘の目的で作成されたものではありません。実際の投資の最終判断は、自己責任でお願い申し上げます。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト
[ 2010/11/16 06:53 ] 最新ニュースから | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
2131位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
749位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
経済指標発表スケジュール
世界の動き
FX経済指標
FX初心者向けの比較サイト
AdSense2


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。